忍者ブログ

[PR]

2020年06月07日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【仮プレ】富士山麓、妖鳥の災い:西から来たりて始まりを告げる

2012年02月24日
596文字でござい。
さて、何が起きてて、何を始めるつもりなのやら

<配置>
前衛。

<撃破順>
未石化の配下妖鳥>アカツキ>石化済み配下妖鳥

<行動>
人目につかない場所に着いたら、即イグニッション。
妖鳥との遭遇予想地点に急行する。

<戦闘>
妖鳥の一団を捕捉したら黒燐奏甲で自己強化。
序盤は配下の抑えを重視し、位置取りに気を付ける。
配下が3体以上いても、全て石化してたらアカツキにちょっかいかけましょうかね。

配下の妖鳥が2体まで減ったらアカツキをメインに攻撃する。
ただしオレちゃんは配下の抑えの方に居残り。アカツキは仲間に任せますわ。

戦闘中、東に向かう理由と不滅の災いに起きていることについて、それとなく尋ねる。
警戒されないよう、あくまで軽く。
何か取っ掛かりになることを漏らしてくれたら儲けもの。

攻撃はロケットスマッシュ奥義で。
回復はHPが半分を切ったら。
ハンティングモードと黒燐奏甲をバランス良く使い、二重強化も狙っていきますよ。
回復が間に合ってない人や、強化が欲しい人には黒燐奏甲を融通する。

敵の様子は注意深く観察。仲間と声を掛け合い、意思疎通は積極的に。
妖鳥が後衛を狙おうとした際には、進路や射線に割り込んで身を盾にして防ぐ。

<文曲ちゃんへ>
アビは幻楼七星光奥義を持てるだけ。余ったCPで治癒符を。
後衛で円ちゃんと連携して、妖鳥を石にしてほしい。
回復は後衛を優先しつつ、様子を見てやってね。
タイミングは防具HPが削れたら。
じゃ、よろしく。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: